浴室の蛇口または排水管からの水漏れ

浴室は水をためておくバスタブがあるだけに、水が漏れていることに気づきにくい場所です。災害対策としてバスタブに水をためておいたり、洗濯用としてバスタブのお湯を使っている家庭もあります。水道代が高くなったり、どこかで水が流れているような音が聞こえることで水漏れに気づく場合もあります。浴室の場合は、蛇口やシャワーヘッド、バスタブ、給湯器や換気扇などからの水漏れが考えられるでしょう。

■給湯器の蛇口

多くの給湯器は浴室に設置されていますが、蛇口に使われている部品の劣化などで水漏れが起こることがあります。そのままにしておけば不完全燃焼が起きる可能性もあり、とても危険です。
給湯器は、屋外に設置されている場合もあります。目に見えるところにないと、水が漏れていることに気づけないかもしれません。屋外に設置した給湯器も、定期的に点検するといいでしょう。素人は給湯器 修理ができませんから、業者に水漏れ修理を依頼して、状態によっては買い換えることになるでしょう。

■換気扇と排水管

換気扇は浴室の上のほうにあるため、水漏れしていることに気づきにくいかもしれません。換気扇は外の排水管へとつながっていますから雨が入りこんだり、ダクト内に水がたまってそれが落ちてくることがあります。
換気扇からの水漏れの場合は、換気扇だけ交換すれば水が漏れなくなるという問題ではないため、ダクトや排水管なども見る必要があります。業者に頼んで排水管の中を見てもらいましょう。

■まとめ
浴室の場合は、どこから水漏れしているのか、チェックするだけでも大変かもしれません。大量な水を使用する場所なだけに、キッチンやトイレなどに比べて厳重な防水対策がされています。給湯器や換気扇から水漏れしているということもありえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ