地下水のポンプや排水管の水漏れは専門業者に

■地下水をくみ上げるポンプが水漏れしたときは

水の供給源はいろいろとあり、上水管だけとは限りません。地下水を利用している場合には、ポンプを使って組み上げていきます。このポンプから水漏れしてしまったときには、簡単に修理はできません。
いろいろな原因が考えられますが、凍結による破損はよく起きる問題です。ポンプは屋内に設置されることはまれで、外部で気温などに影響を受けます。凍結したりしないように作られており、電源が入っていれば熱によって凍結しない仕組みです。ところが、なんらかの条件で電源が抜けてしまったり、古くなり不具合を発生させたりすれば、凍結してしまうことが起きます。劣化を進める原因でもあり、各部品が割れてしまったりすれば、水漏れを起こすことになりますが、交換は簡単ではありません。専門業者に相談して部品の交換なのか、もっと大規模に修理するべきなのか点検してもらう必要があります。

■衛生上の問題も出る排水管の水漏れ

排水管でも水漏れが起きますが、一体なにが原因なのかはわかりにくいのが問題です。ポンプも同じですが、内部の構造が見れるわけではありません。配管の内部でなにが起きているのかはわかりにくく、劣化にも気がつきにくいため、水のトラブルが起きてはじめてわかることが大半を占めます。修理をするにしても、みえない場所に設置されていることが多く、簡単には進みません。
水漏れしている状況を見つけたときには、場所を判別するためにも専門業者に依頼して点検するのが一番です。排水管の水漏れは、使った排水が流れ出しているところにも問題があります。衛生上の問題を考えても、できるだけ早い対処をすることがポイントです。

■定期的な点検をして大きなトラブルに備える
ポンプも排水管も経年劣化の問題も忘れてはいけません。使っているうちにどんどんと劣化が進むのは、どちらも変わらないことです。メンテナンスも必要ですが、実際にトラブルが起きるまではそのままになっているのは珍しいことではありません。メンテナンスという目的で、専門業者に依頼することができます。定期的に点検をしておけば、大きなトラブルになる前に対処もできるため、被害の拡大も抑えられます。
費用的な負担としても、定期的に予定して点検するのは金額の予想がつきますが、いきなりトラブルになればそうはいきません。ポンプも排水管も普段から使う大事な設備になるため、大きな問題に発展する前に点検も修理も考えておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ