排水管と排水ポンプの水漏れ

■排水管が水漏れする原因

生活するうえで水回りはとても重要な場所になります。排水管や排水ポンプに異常があるとスムーズに水が流れなくなったり、水漏れを起こしたり、異臭や悪臭が起こったりとさまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。なかでも多いのが水漏れです。ひどい場合は二次災害をもたらすこともありますので、気づいたときは早めに対処するようにしましょう。
排水管が水漏れする原因はいくつか挙げられます。まずは配管内のつまりです。水回りによって原因は異なりますが、キッチンなら食べ物カスや油、洗剤カスなどが多く、これらが蓄積してつまりを起こします。洗面所やお風呂場なら、髪の毛や石鹸カスなどがつまりの原因になります。そのままにしておくと異臭や逆流などを引き起こしてしまう恐れもあるでしょう。
他にも、接続部の緩みや経年劣化なども漏水の原因になると言われています。

■排水ポンプが水漏れする理由

排水ポンプとは、地下から水をくみ上げるときに用いられる機器で、一般的にマンションやビルなど大きな建物に設置されています。戸建て住宅でも、井戸水を使用している場合は排水ポンプが使われています。
ポンプが故障すると、水漏れが起こるだけでなくマンホールから汚水が溢れたり、排水がつまるといったトラブルが発生します。故障原因はさまざまですが、寒い地域や積雪が多い地域は凍結によって破損してしまうケースがあります。凍結防止機能が付いているので簡単に凍結してしまうことは少ないのですが、こういったケースもあるというのを念頭に置いておくと安心です。
もちろん経年劣化でも漏水は起こります。排水管もそうですが、長年使用しているとどうしても強度が低下してしまうので、排水に気をつけていても破損や漏水が起こりやすくなります。

■水漏れしないように気をつけたいこと
排水管や排水ポンプから水漏れしないようにするためには、まず排水管は流すものを気をつけるだけで防げます。経年劣化や地震などによる破損で水漏れしてしまった場合は業者に依頼するしかありませんが、それ以外なら日頃からつまりの原因になるものを排水しないように注意するだけでも全然違います。定期的に排水管や排水トラップを掃除するのも良いでしょう。専用クリーナーはもちろんのこと、重曹や酢、クエン酸などでもキレイにできます。接続部も確認してみてください。
一方で排水ポンプは、一度故障してしまうと自力で修理するのは困難です。特に近年は局地的な豪雨では故障しやすいと言われています。運転可能な範囲も決まっていますので、その範囲以上の運転をしないように気をつけるだけでも故障による水漏れを防ぐことができるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ