排水管と排水ホースが原因による水漏れ

■接続部分の部品によるトラブル

水漏れの原因は様々ですが、排水管や排水ホース、排水トラップの周辺が原因の場合もあります。排水管付近が原因による水漏れの場合、早めに対処しないと被害が拡大することも考えられます。それぞれの箇所の接続不良によって水漏れが発生する恐れがあるため、対処する際は近くに取り付けられている部分も合わせて確認しておきましょう。その場合は、接続部分のナットを確認してみてください。ただ単にナットの緩みだけであれば、締め直すだけで改善されることが多いため、自分でも対応できます。しかし、ナットを締め直しても改善されない場合は、パッキンの劣化が原因の場合もあります。排水管を設置し使用している期間が長い場合、パッキンも経年劣化していき、その部分から水漏れが起こります。接続部分については、日頃から点検するなどしておくと安心できます。また、締め具合が緩いと再度水漏れが起こることもあります。専門業者であれば、適切な修理や交換を行ってくれます。

■排水ホースの劣化や破損

長年使用することで排水ホースは、少しずつ劣化してしまいます。また、何らかの衝撃によって傷がつき破損することも考えられます。
水漏れの原因が排水ホースの損傷である場合、新品のものに取り替える必要があります。その際には、接続部分のナットを緩めて取り外すことになります。ホースの種類などにもよりますが、簡単に取り外せることが多いです。取り付け方法が数種類ありますが、必ず接続部分のナットを取り外さなければいけません。新しい排水ホースに取り替える場合は、可能であれば防臭ゴムなども一緒に交換することをおすすめします。そうすれば、より強固なものになります。

■排水ホースの抜けやズレ
水漏れの原因として、排水ホースが抜けてしまっていることやズレてしまっている場合があります。外れてしまった場合は防臭ゴムや防臭カバーを確認してみましょう。原因は色々とありますが、部品の劣化や緩みによって発生することが多いです。緩んでいる場合は簡単に直すことができますが、長年使用している場合は早めに取り替えることが大切です。また、臭いを強く感じた場合なども排水ホース付近で何らかのトラブルが発生している可能性があります。排水管と同じように、この部分はあまり見ないことが多いため、日頃からチェックしておくように気を付けておくことも大切です。例えば、排水管の周りに重たい物を置かない、設置年月日を確認しておくなど、家族など、一緒に住んでいる人たちに協力してもらって、自分たちでもできることを行っておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ