排水管の水漏れリフォーム工事

排水管の劣化がひどい場合、数箇所ふさいだ程度では水漏れを防げない場合があります。その場合は、大きなリフォームや水道 工事が必要になるでしょう。キッチンや浴室のリフォーム工事を行う場合、かなりの日数が必要になります。マンションと一戸建てのどちらに住んでいるかによっても、工事の方法が違ってきます。

■マンションと一戸建て

マンションと一戸建てでは、リフォームの方法が異なります。一戸建ての場合は、個人で自由にリフォームできますが、マンションの場合はほかの部屋と仕様を変えるわけにはいきません。
専有部分は自由に工事できたとしても、共用部分については個人でリフォームすることは難しいでしょう。マンションの管理組合などの承諾が必要になります。

■壁式と床式

排水管が配置されている場所ですが、壁に配置されている場合と床に配置されている場合があります。壁に配置した場合は床にスペースができ、床に配置した場合は排水が低い場所にあることから水がラクに流れます。
水以外に食事のクズなどが流されやすいキッチン、便やトイレットペーパーが流れるトイレは、床式が選ばれている可能性があります。壁と床のどちらに配置されているかによって、リフォーム工事のやり方が違ってくるでしょう。

■まとめ
リフォーム工事を行う場合は、排水管だけ取り替えるというわけにはいかず、壁や床の工事も必要になります。壁に配置されている場合は、水漏れの場所を探すために壁全体を壊す必要があり、床の場合は床のリフォームが必要になります。工事の費用がどのくらいかかるのか、水道業者に見積もりを取ってみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ