排水管の水漏れの対処法

■水漏れの原因の特定

水のトラブルは日常生活に支障をきたしますので、できるだけ早めに対処する必要があります。まだ大丈夫と言ってそのまま放置してしまうと、被害がさらに拡大する恐れがあるからです。水漏れは様々なところで起きますが、排水管にて発生する場合も多いので注意をしなければなりません。絶え間なく水が滴る音が聞こえる、異臭がするなど何かしらトラブルが起こった時は、一度チェックしてみることをおすすめします。
どこか水浸しになっているところがあると、すぐに原因は水漏れだと信じてしまう人も多いでしょう。しかし、まずは家庭に設置されている排水管の場所を確認したうえで、実際に水が漏れているかどうかを調査することが大切です。チェックをしてみた結果、別の場所で水漏れが起きていたというケースもあります。
排水管からの水漏れだった場合は、併せて排水管の周辺にも被害が及んでいないかという点を自分で確認してみましょう。自分での確認が難しい時は、修理業者などプロに任せるのも一つの方法と言えます。近くによく利用する修理業者がある方は、問い合わせて相談しておくと良いでしょう。

■量水器の確認

排水管から水漏れしている時は、その部分をよく観察する必要があります。水漏れにはいろんなパターンがありますが、その中でもジワジワという感じでの漏れは見つけにくいものです。勢いよく漏れているのではあれば漏れの部分を特定しやすくなりますが、その逆は難しいという側面があります。にじむように漏れていると、そもそも本当に水漏れが起きているかどうかの判断がつかないこともあるでしょう。そのような場合は、量水器を確認するようにします。
どの家庭にも使った水の量を測る量水器は装備されているので、じっと観察して消費量をチェックしてみてくだい。時間は10分程度で構いません。水を使用していない状態で使用量が増えていたら、排水管に原因がある可能性が高いと見ることができます。

■排水管の水漏れは目視で調査する
排水管が原因となっている可能性が高い時は、すぐに破損箇所を確認する必要があります。基本的には目視で行います。すべての部分が見える場所にあるとは限りませんが、目視できる場所にある場合は業者への報告をスムーズにするためにも、きっちり見ておくようにしましょう。
管の破損で水が漏れている場合、菅に穴が空いていることもあります。その穴がよほど小さいものでない限りは、目視によって見つけることが十分に可能です。排水管がどこにあるのかが分かれば、いざという時に慌てずに済むので、普段から排水管がどこにあるのか確認しておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ