排水管の水漏れに利用できる応急処置

■被害を抑える応急処置

排水管から水漏れしている場合は、すぐにでも対処を始めなければいけません。水漏れしたまま放置をしているとさまざまな被害を生み出すからですが、対処の方法はいろいろとあります。
本格的に修理するためには、部品の交換などが必要で、道具をはじめ調達しなければいけないものがたくさんあります。そこで、自分で修理をせずに専門業者に依頼するのも方法です。知識がなくてもよく、道具などを取りそろえる必要もありません。
問題は、修理してもらうまでの時間です。すぐに依頼して修理してもらえればよいものの、いつでも都合がつくわけではありません。深夜など依頼しにくい時間でトラブルが起きる可能性もあります。そこで重要なのは、応急処置をしておくことです。被害の拡大を防ぎ時間を稼ぐ方法ともなるため、大事な手順となってきます。

■テープを巻く

軽く漏れてきているのであれば、ビニールテープを排水管に巻き付ける方法が応急処置として簡単です。まず、排水管についている水分をすべてふき取ります。ふき取ったら、問題のある個所にきつくビニールテープを巻いていくだけです。市販されている絶縁テープで問題なく、伸び縮みするためできるだけ引っ張りながら巻くといいでしょう。厚みもある程度持たせば、応急処置として完成です。粘着面が水に弱いため注意は必要ですが、手軽にできる方法です。
ただし少々の水漏れには耐えられるものの、あまりに強く漏れてくると押し出されてしまいますので、注意しなければいけません。あくまでも応急処置であり、恒久的な補修ではないことから、早めに修理してしまうのが大切です。大量の水には耐えられないため、風呂場の排水管などで漏れ止めをしても、設備として使うのは避けたほうが良いでしょう。

■エポキシ樹脂を使って応急処置
排水管の水漏れの応急処置として、一般的なのはパテを使う方法です。エポキシ樹脂を使うと、強度的にも優れた性能を発揮します。コーキングなどでは、少し圧力がかかるだけでも押し出され膨れてきますが、エポキシ樹脂は強度が高く、耐えられる状態のできあがるところが違いです。
問題は、応急処置として効果が表れるまでに時間がかかることと、一定の知識を要する点です。練り混ぜ中には化学変化でガスが出るため、換気も必要です。接着面にはプライマーが必要ですし、油で作られる化成品のため、水がついているところには使えません。表面積を高めるために表面を荒らすなどの処理をしなければならないものの、応急処置としては高いレベルの対応です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ