排水管につながる洗濯機の排水ホースからの水漏れ

■普段から見ておきたい排水ホース

普段の生活で洗濯機を使う機会は多いですが、いつでも問題なく使えると思ってしまうのは危険です。さまざまなものを洗う機械として負担が大きく、構造は家電製品として複雑に作られています。トラブルを起こせば、専門業者の手を借りて修理しなければいけない設備ともいえます。
実際に利用者が原因の確認や修理できる部分はあまりありません。その中でも、排水管周りに関しては、普段から注意しておくだけでも水漏れなどのトラブルを防止できます。特に排水ホースは、チェックしやすい部品のひとつでもあり、普段から気にすることで大きな被害を抑えられる場所です。

■エルボ管などもチェックする

トラブルの兆候となるのが、排水管につながっている排水ホースを見たときに、何らかの破損が見られる状態です。発見しにくいようなほんの小さな穴が開いているといったときにも、水漏れする可能性が出てきます。排水ホースが単独で排水管とつながっているだけではなく、エルボを使っている場合には、この接続部分も確認しておくといいでしょう。外れていれば当然水漏れしてきますが、流れた跡が見えたときには、固定されている部分のほかに隙間ができている可能性があります。エルボ自体がひび割れているといったときもあるため、細かく追っていくと原因を見つけ出せるでしょう。
洗濯機は、洗っている間に振動します。細かな部品にとっては、振動を受けて緩みが出るなど問題の多い状況ですが、これが部品の緩みにつながって水漏れするケースもあるため、排水ホース自体に問題がない時には、各接続部分の緩みもチェックが必要です。

■補修や交換も大切
排水ホースから水漏れしているのがわかったら、じゃばらホース用に販売されているホーステープなどを利用して問題点を補修します。巻き付けるだけで使えるタイプがほとんどで、伸縮性を持っているため、引っ張りながら巻き付けていけば小さな穴や亀裂はカバーできます。使っているうちに劣化しやすい部分であるため、問題が大きなときは、排水管から外して新しいものに交換するといいでしょう。
また、排水ホースを触ったときに、弾力を感じられずに割れてしまいそうな状態のものは、できるだけ早く新しいものにするとトラブルを防止できます。交換するときの注意点は、長さをあわせて取り付けることです。あまりに長くなると、水が流れずに溜まってしまう場合があります。トラブルのもとになるため、適切な長さにして取り付けるのがポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ