排水管からの水漏れ応急処置法を紹介

■配管の種類を知っておこう

水漏れしているときに、チェックする配管は大きく分けて二つあります。1つは水を運んでくる配管で給水管です。水道管と同じ役割を果たしており、自治体の管理する上水道から住居の蛇口まで水を運ぶ役割を果たしています。
給水管はいつでも水道の蛇口をひねったら水が出るように、高い圧力がかかっているのが特徴です。地震や凍結などで水道管が破裂するのは圧力が原因ですが、ここで言う水道管が給水管になります。
一方で、自宅で使った水を外に配水するパイプが排水管です。給水管のように圧力はかかっていないため、圧力が原因で破裂することはありません。その代わり、排水管そのものが経年劣化して故障することや、締め付けが弱くて水が漏れるトラブルが起こります。

■排水管の水漏れに対する応急処置法

排水管の水漏れでは、応急処置を施す前に水が流れ切るまで待つ必要があります。バケツや雑巾を使って漏れてくる水を防ぐ方法や、補修テープで止めてしまうのも有効です。目視できる排水管なら、バケツや雑巾を下に置いておき、テープで止めて応急処置しておくと良いでしょう。
目に見えない場所の排水管から水漏れしている場合、床下や天井が濡れてしまうとカビやシロアリなどの繁殖原因になるので、応急処置としては水の元栓を止めて水の流れを止めるのが一番です。
応急処置に使えるテープには、防水補修テープや水道用ラップテープ、配管補修テープなどがあります。テープを選ぶときは、どの範囲の水漏れに対応できるか、使用されている粘着剤などをチェックしましょう。テープによっては、少量の水漏れにしか対応できないこともあります。

■応急処置をした後の対応
応急処置をして無事に水漏れを止めることができても、根本的な解決にはならないので注意が必要です。そのままにしておくと、再び同じ場所から水漏れすることもあります。応急処置は一時的な措置であり、水漏れが止まっているタイミングで修理を検討しなければなりません。
水漏れの原因によっては、個人で直せる場合もありますが、ひどい場合や見えない排水管の水漏れについては専門業者に直してもらうのがおすすめです。
業者によって設定している修理費用は異なるので、複数社から見積もりしてもらうと良いでしょう。修理の場所や修理にかかる費用などは、いずれも無料見積もりや無料点検に対応している業者に依頼すると、費用も少なくて済むのでおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ