排水管からの水漏れの応急処置の方法とは

■排水管からの水漏れはここをチェック

水道を使った時に変な臭いがしたり、排水管回りが湿っている時には、水漏れの可能性があります。排水管からの水漏れは気が付きにくく、気が付いたときには症状が悪化しているケースもあるので、早めのチェックが必要です。キッチンや洗面台の場合、足元の排管は定期的にチェックするようにしましょう。収納などになっている場合には、扉を開けて周りのものが濡れていないか、変な臭いがしていないかを確認しましょう。
お風呂などの排水管は家の外にあることも多いので、目視しにくいものです。戸建ての場合は、家の周りで常に湿っている場所がないか、地下収納をたまに開けて変な臭いがしていないか、湿っていないかをチェックしておくと良いでしょう。万が一水漏れの可能性がある場合には応急処置をしておくと安心です。

■応急処置の方法を知ろう

排水管からの水漏れを見つけたら、応急処置をしておくと被害を拡大させずに済みます。応急処置の方法としては、テープやラップを巻いておくのが簡単にできるのでおすすめです。ホームセンターなどに行くと、水漏れ補修専用テープが売っています。価格は数百円から数千円まで幅広く、それぞれの用途によって値段も差があります。通常のビニールテープなどでも固定することはできますが、防水性がないとすぐにテープがはがれてしまい、応急処置にならないので注意しましょう。
最近ではテープタイプやシートタイプ、ラップタイプの補修アイテムがあります。補修の箇所の大きさや、水漏れの度合いなどによって、適したものを選んで使うと良いでしょう。女性でも簡単に使えるものばかりなので、とても便利なアイテムです。

■必ずプロの修理を依頼
補修テープなどを使って、排水管の水漏れの応急処置をすると、気になっていた水漏れが一時的になくなるので、すっかり直ったような気になってしまう人も多いです。特に少し高額な補修テープを使うと、機能性も高く補修力に優れていますので、修理を依頼するのが面倒になってしまいがちです。
しかし、補修テープを使った修理はあくまでも応急処置であることを忘れてはいけません。根本的な原因の修理をしないと、排水管をさらに傷めてしまったり、水漏れを重症化させることになってしまいます。悪化すると、修理の内容も複雑化してさらに高額になってしまいます。応急処置はあくまでも業者が修理に来るまでの間の水漏れを軽減するものだということをしっかりと認識して、早めに修理業者に対応してもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ