排水管からの水漏れはちょっとしたものでも業者へ依頼が安全

■上水道側からの水漏れの場合

上水道側からの水漏れで注意が必要なのは漏れの起きている場所の特定です。目に見える範囲の水漏れはさほど問題ありませんが、場所が特定できないところは厄介です。特に水漏れにしばらく気が付かない箇所においては家屋や設備への被害が予想されます。長期間水分に木材が浸されていると腐食の原因となります。構造上大事な柱や梁などの入れ替えになると費用がかさみます。もう一つ、大きな問題は電気設備を濡らしてしまうことです。漏電の原因になるばかりか電気製品の故障につながります。水漏れの疑いがある場合には素人判断はせず業者に確認してもらうことが大事です。その際、自治体が登録している指定水道業者に依頼してください。安易に指定業者以外に工事を発注してのちに排水管の不具合が起きてしまっては無駄な費用がかさむだけです。

■水道設備内からの水漏れの場合

排水管は家庭内の水道設備にもつながっています。水道設備には様々なものがあります。給湯器はその代表です。暖房機と一体となった給湯暖房機なども普及しています。給湯器内の排水管から漏れが起こると、給湯器内を濡らしたり給湯器の外まで水漏れが起こったりします。そうすると、給湯器や他の設備の錆や腐食の原因になります。一番怖いのがガスや灯油の給湯器内での水漏れです。これによって、不完全燃焼が起こる可能性があるからです。換気が不十分だと一酸化炭素が充満し中毒症状を起こしかねません。最悪、命に関わります。よって、水道設備からの水漏れを発見した際は直ちに使用を中止し、専門の業者に連絡しましょう。業者を呼ばずに自己判断や自己処置をするのは危険です。

■下水道側からの水漏れの場合
水漏れが一番発見しづらいのが下水道側の漏れです。排水管は床下を通っていることが多いため漏れが発見しにくいからです。床下を通っているから水漏れが起きても大したことはない、と侮ってはいけません。漏れた水が家屋の大事な柱や梁を濡らしているかもしれません。上水とは違って下水はさまざまなものが混ざっている汚水が流れているため腐食しやすいです。
しかも、気が付いたときには腐食がかなり進んでいたなんてことも少なくありません。未然に防ぐために、床下の状態を定期的に確認しましょう。一階の床のどこかに点検口があるはずです。床下に潜れるのなら一度潜って排水管の位置を確認することをお勧めします。一度場所を確認できれば次回からは点検口からライトを当ててのぞき込むだけで済みます。発見したら即座に業者に連絡しましょう。床下の排水管工事は大変です。プロの業者に依頼が安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ